医薬販売業

医薬販売業

平成21年6月より、一般医薬販売制度が変わりました。
薬局、薬店の許可には、薬剤師または登録販売者が必要となりました。また、法令で定められる指針・手順書が必要です。
医薬品を販売する場合、医薬品販売業の許可が必要ですが、平成21年6月より以下のの許可が必要です。

 

薬局 全ての一般医薬品
店舗販売業 薬剤師がいる場合、すべての一般医薬品。
登録販売者のみの場合、第二類、第三類医薬品
配置販売業 薬剤師がいる場合、すべての一般医薬品。
登録販売者のみの場合、第二類、第三類医薬品

 

1) 薬局・店舗で、取り扱う医薬品の種類、店舗にいる専門家の種類、相談対応が可能な時間帯等の掲示
2) 薬局・店舗では、医薬品の副作用(リスク)分類ごとに医薬品の陳列
4) 購入者からみて、名札等で薬剤師、登録販売者、その他の従業員の区別

など、新たに義務化されました。
また、政令で定められる指針、手順書の作成が必要となりました。