医薬部外品の定義

医薬部外品の定義ですが、

  1. 1.人体に対する作用が緩和なもので

  • 吐き気その他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  • 汗も、ただれ等の防止
  • ・脱毛の防止、育毛又は除毛
  1. 2.人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊のみそのたこれらに類する生物の防除のために使用されるもので、機械器具等でないもの
  2. 3.厚労大臣が指定するもの

と、定められていて、あくまで、防止 であって、医薬品のような、良くなる、とか治る、とかの目的を持ってはいけないわけです。

 

もう一つの別の角度からみれば、

  1. 1.継続的使用される日常品であること。
  2. 2.原則、医師や薬剤師といった医療関係者の管理下で使用されることを前提にしていないこと。

厚労大臣の指定するもの

としては、当初から指定されている医薬部外品と、規制緩和によりそれまでの医薬品として扱われていた者が平成11年と平成16年の2度にわたって指定されたものとして、

1.新指定医薬部外品(平成11年)

2.新範囲医薬部外品(平成16年)

があります。